WASY-LOG

たいした話はしません

【AfterShokz】ゲーム用に骨伝導ヘッドホンを購入した話【AS400】

はじめに

私はSplatoonというゲームが好きです.ご存じの方も多いと思いますが,任天堂WiiUの人気ソフトとなったTPSです.非常に楽しい反面,他のFPSやTPSと比較してもゲームスピードがかなり速く,目まぐるしく戦況が変化するため,遊んでいてかなりの体力を消耗します.
今までは通常のヘッドホンで音を聴きながらプレイすることが多かったのですが,ヘッドホンによる圧迫感もSplatoonでの体力の消耗の要因になっていると考え,より装着感の軽い骨伝導ヘッドホンを購入しました.もちろん単純な骨伝導への興味も購入の大きな理由の一つです.

骨伝導ヘッドホンについて

骨伝導は,端的に言うと頭蓋骨に音として振動を与える技術です.鼓膜がその頭蓋骨の振動を拾うため,外耳を通さなくても音が聞こえます.骨伝導ヘッドホンは耳を塞がずにこめかみ辺りに小さなスピーカをあてる形になるため,カナル型イヤホンや密閉型ヘッドホンと違って外の音も同時に聞こえます.
そのような特徴から,ランニングやサイクリング・運転中など「音楽と環境音を同時に聞きたい」というシチュエーションで使われることが多いようです.実際Amazon骨伝導ヘッドホンを見ていても,運動中での使用を想定した商品がほとんどでした.今回私が購入したAfterShokz AS400も例に漏れていません.

そんな理由から煩わしいコードが存在しないBluetoothで音声伝送が行われる商品が多かったのですが,今回はゲームでの使用になるため,Bluetoothの遅延が気になりました.それに対してAS400は遅延を気にしなくて良い有線であり,なおかつ比較的安価(5500円程度)であったため,購入に踏み切りました.

無線骨伝導ヘッドホン 有線骨伝導ヘッドホン
価格 5000~15000円程度 5000~6000円程度
商品バリエーション 多い 少ない
遅延 ある ない

無線にも有線と同じ価格帯の商品がいくつかありましたが,レビューが微妙なものが多かったです.

購入

家に近い倉庫から出荷されたのか,早朝にAmazonで購入してその日の夜には届きました.

外箱はこんな感じ.


イカしたハードケースもついています.この辺はやはりスポーツ仕様ですね.


ケースの中身.充電用microUSBケーブルも付属しています.説明書は日本語にも対応.


モノ.


モノ.

感想

1週間ほど使ってみた感じですが,ざっと思ったことを挙げてみます.

  • 装着感は非常に軽く自然
  • メガネとの併用は一応可能
  • 音質は正直微妙で高音質原理主義者には少し厳しいかも?
  • サラウンド感が薄い
  • 音漏れは案外大丈夫
  • 電源/音量コントローラのせいで有線なのに充電式なのが不便
  • コードが貧弱そうで断線が怖い
  • 顔が大きい人は使いにくそう?

こんなところですが,もう少し詳しく話していきます.

装着感・メガネとの併用

耳に耳掛けが2つ乗る形になるので多少の不便と違和感はありますが,ヘッドホン自体が非常に軽いためメガネと同時に装着することは可能です.特に耳が痛くなったりもしません.

音質・サラウンド・音漏れ

音質は決して良いとは言えないため,特に理由がなければ普通のヘッドホンでいいかなといった感じです.私は音楽鑑賞のために買ったわけではないので十分でした.
サラウンド感の薄さについて,私はSplatoonプレイ中に効果音を聴いて相手のおおまかな位置を特定することがままあるため,これはちょっと難点でした.気合いを入れてプレイするときには普通のヘッドホンを使うことにしています.
音漏れがあると,通話しながらゲームをする際に相手の声が自分のマイクに入って反響することがあるのですが,これは大丈夫でした.マイクのしきい値を設定できないSkypeでも反響はなかったので,普通の音量で使う文には問題ないでしょう.

その他使用感

AS400もスポーツ用であるため,音楽プレイヤーを操作しなくても音量などを調節できるようにコードにコントローラがついています.これのせいでUSBからの充電が必要です.これが結構面倒で,長時間Splatoonをしても疲れにくいように購入したのにもかかわらず,長時間プレイしていると充電が切れてしまいます.思い切ってコントローラ部を切り落とすことも視野に入れています.
それとコードがなんかヘロヘロなんですよね.特に外箱の商品写真にも写っていますが,ヘッドバンドとケーブルの接続部分がかなり貧弱そうで不安です.

総評・おわりに

先にも言ったような「音楽と環境音を同時に聞きたい」方には骨伝導ヘッドホンは非常にオススメです.むしろこれ以上ない選択肢なのではないでしょうか.
一方で私のようにゲームのために使うことを考えると,正直イヤホンでいいじゃんといったところです.イヤホンのような閉塞感はありませんが,特に骨伝導を選ぶ必要はなさそうです.無理やりメリットを挙げれば,電話や呼び鈴に気づきやすくなるとかですかね.ただ個人的に骨伝導そのものが楽しいので,今後も使っていく予定ではあります.